医療事務員

受付業務

医療事務員とは、医者や看護師など医療の国家資格を持っている人が、医療に専念するためにほかの事務的な仕事を担当する人たちをさします。
このため、仕事内容も多種多様になります。まずは受付業務がありますが、外来の患者が訪れたときにまず対応する業務です。

ここで大事なのは、患者にとってファーストコンタクトする相手は医療事務員である可能性が高い点です。
つまり医療事務員の対応次第で、その病院やクリニックの印象が決まる可能性は高いので、そのように意識して、丁寧な対応を心がけてください。

患者の中には、深刻な病気ではなかろうかなどの不安な気持ちを抱えてやってくるケースも多いです。
そのような不安や緊張を和らげるためにはどうすべきかを考えて、応対することが求められます。

データの入力

医者が適切な診療をするためには、その患者がどのような病気と診断され、今までどのような治療を行われてきたのかというデータが必要です。
このようなデータはカルテの中に記録されていますが、このカルテの管理業務を担当するのも、医療事務員の仕事の一つです。

診療内容などに関しては、医者が直接カルテに書き込みます。
その他にも患者の個人情報などのデータが必要ですが、医療行為以外のデータなどの情報は医療事務員が入力します。
最近のカルテ作成は、パソコンを使って行うのが一般的ですので、そこで基本的なパソコンスキルは医療事務員として仕事をしていくためには、必須だと思っておいてください。
ちなみにカルテの中には、医者からの指示が書き込まれている場合もありますので医療の専門的な知識がある程度要求されると思ってください。

レセプトの作成

現在国民皆保険といって、すべての国民が何かしらの保険に加入しています。
このため、保険診療で治療を受けた場合、医療費の3割を本人負担で残りの7割は保険組合に請求する形を取りのが一般的です。

この保険組合に医療費の請求をする時に、だれにどのくらいの医療費がかかったか、明細を作成する必要があります。
この明細のことをレセプトといいますが、このレセプトを作成するのは医療事務員の仕事になります。

病院にとって、収益の大半は保険組合からの医療報酬になるのでレセプトの作成は経営上、非常に重要なポイントになります。
最近ではコンピューターを使ってレセプト作成が可能なので、かなり作業は効率的になりましたが、しかし入力ミスがあると、また最初からやり直さないといけないので緻密さが要求される業務だと思ってください。