進化するインプラント

進化する歯の治療

今の歯医者へ通いだしたのは、高校生のとき。
親の知り合いで、たまたま通うことになったのがきっかけでした。
中学生のころは、友人が通っていたからそこへ通うことにしていたのですが、どうも治療方法が合わず、親の知り合いの歯医者へ通うことにしたのです。

そこでは、治療も痛くないように施してくれるし、なんといっても先生が優しい声をかけながらですから、とても安心できました。
歯医者の先生の技術も上手であると同時に、歯の治療で使用する器具も通うごとにだんだんと進化していくのには驚かされました。
一番驚いたのが、麻酔です。

麻酔が進化している

これまでは麻酔というと注射器です。
しかし今では、その注射器も様変わりしました。
あのまさに注射器だった形が、今はピストルのような形となり、麻酔をかける際にもそう痛みを伴いません。

しかも、麻酔を打っている最中には、かわいい音楽がなり、安堵感を与えてくれます。
一昔前では、とても怖かったあの注射器の麻酔。
それが、今では痛みもチクッとするぐらいのものでしかありません。
まさに、麻酔革命だと思いました。

また、歯医者嫌いの男の子は、痛いというイメージが強いのか、麻酔を打つのにかなりの抵抗をしていたのを見たことがあります。
歯の医療はかなり進歩しているのだから、そう抵抗しなくてもと思いましたが。

進化するインプラント

そして、歯の先端医療の進化として驚くのが、インプラントです。
顎の骨にインプラントを埋め込むのですが、これを行うことで抜いた歯を再び蘇らせるということです。
これまでに、歯を根こそぎもっていくと、後は入れ歯しかありませんでした。
しかし、インプラントが登場してからは、入れ歯ではなく人口歯が入ることで再びかめる喜びがあるのです。

時間は少しかかるものの、長い目で見るのであればインプラントが良いでしょう。
また、今は価格が高いですが、年数が経てば値段も安定して低価格となると思います。
歯の先端技術も日々進化しているので、もしかしたら近い未来、入れ歯というのはなくなるかもしれません。

インプラントの技術を知れば知るほど、そう思えてきます。
その際にも、インプラントの技術もどんどん最先端の技術が用いられるようになって、今かかる時間も短縮されていくのではないかと思うくらいです。
歯医者へ行くと、最新技術の器具が増えていくのも驚かされます。

歯の治療技術はどんどん進化する

歯の治療技術は、年々開発されてどんどん良くなっています。
それは、痛みを最小限にする技術を開発されていき、歯医者通いをすることに抵抗をなくしていく礎になっていくようにも感じます。

歯医者の麻酔をすると、痛みもほとんど軽減されて、治療を受けやすくなっています。
日々の先端技術を開発している人の、血の滲む努力であるからでしょう。
歯医者さんへ通うのに、抵抗ある小さなお子さんも、歯の技術がさらに向上していけば、怖がらずに通うようになるでしょう。

そして、歯医者さんの優しい言葉で、さらに安堵できます。
先端技術もさることながら、人の優し言葉も治療の一環でしょう。