がんのワクチン研究について

病気は戦う時代ではなくなってきている

つい最近までは、がんの先端医療でも延命はできても、初期段階でなければ助からないと言うことの方が多かったので、大抵は闘病生活も敗北と勝手に決め込まれていましたが、最先端医療は、どんどん進展し、今ではもう闘う時代ではないとさえ言われています。

抗がん剤や放射光などの治療は、少なからず体にダメージを与えるために、どうしてもどこまでもがんを滅亡させることができなかったですし、がん末期などの体の衰弱している人には手の施しようが無いという、まさにがんの治療は闘いであったと思いますし、このような状態のものだからこそ、がんの告知は、そのまま死の告知と思われがちでした。

樹状ワクチンの登場

近年はがんの先端医療の中でも、免疫療法が次々に開発され進展しています。
免疫療法はがんを自らの体にがんを教え込み、がんに対する免疫力を高めて、がんを滅していくという療法ですが、今まではがんだけでなく他の細胞も攻撃するような乱射中銃のようなものもあり、それでは、体を傷めます。
最近は、がんだけを選んで免疫力が発揮されるという樹状ワクチンというのも開発されました。

これは体の細胞の中からとりだしたものにがんを教え込み体に戻してがんをやっつけるという方法なので、自分にはこのワクチンが合わないということがないために、使いやすい療法のようです。

実際に末期がんの人でも完治したという例が出てきており、既に現実の療法として普及していますので、この療法を知った人が次々に希望していると言うことも聞きます。
免疫療法が今後のがん治療の主流になり、闘病というものではなく、向き合うという疲弊せずにがんを滅するという治療法が、広がりつつあります。

がんになってしまったときのために

しかし、最先端医療には高額な設備や高度な技術が必要であるために、それを行える病院は限られています。また、たくさんの免疫療法の中で、それぞれの病院においてできる免疫療法も決まっています。

がんの種類や進行具合、体の状況などで一番適する免疫療法の種類というのもありますので、どこの病院でどのような先端医療がなされているかを調べておく必要があります。
また、がんは誰がなってもおかしくない病気ですから、がんを告知される前に最先端医療が受けられるようにがん保険特約に入っておくことも良いと思います。

先端医療は、保険診療の枠外であるため全てが自費負担となり、大きな出費を伴います。
今後のがんにおける先端医療、特に体に優しい免疫療法というのは、色んな人が受けており、復帰を果たしている人が増えています。
とことん前向きにがん治療に取り組むことで果たせるがんからの復帰ですから、備えあれば憂い無しというところです。

更に、普段からがん医療に関する情報発信を見逃さないことです。
普段から、がん医療に関しての進展やどこのどの病院で受診するのが自分にとって良いのかを調べておくのです。がん患者が医者や病院を信頼して任せるときっぱりと言えるという背景には、ある程度医療機関について知っておくということが前提になります。
現代のがんの先端医療には、未来の希望があります。